子供の視力検査がC判定だったお母さんに

視力センターに行かなくても同じトレーニングが受けられる視力回復キットがあります

 

意外と知らないアトピーと目の関係について

アトピーと言えば多くの方がアトピー性皮膚炎のことを思い浮かべると思います。

しかし、殆どの方が白内障網膜剥離、高眼圧がアトピーに関係しているなんて知らないでしょう。

 f:id:korokorohouse:20161216172300j:plain

 アトピーが発症するとアレルギー性結膜炎になりやすく、目が痒いのでついつい目を掻いたり押さえたりして網膜剥離を起こしたりすることがあります。

また、子供のときからアトピーになっていら、10〜20代で白内障を起こす場合があります。

これは、痒みのため眼をこすったりの物理的な刺激が原因ではないかといわれています。

 

アトピー性の網膜剥離も同じように物理的な刺激や顔が痒いためたたいたりすることが原因とされています。

また、ステロイドアトピーの症状緩和に高い効果がありますが、長く使用すると眼圧が高くなることがあります。

特にアトピーステロイドの点眼薬を長期にわたり使用すると、その傾向が強くみられます。

 

近年、アトピー性疾患による目の障害は低年齢化、重症化しています。

診療設備の発展により発見が多くなったことも考えられますが、小学生や中学生の場合が多いので学校生活に支障をきたすことも考えられます。

アトピーの子供の場合は眼科の受診・眼科精密検診を早めにしておくべきでしょう。

目は大切ですので重症にならない前にぜひ受診・手当てをしておきましょう。