読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の視力検査がC判定だったお母さんに

視力センターに行かなくても同じトレーニングが受けられる視力回復キットがあります

 

市販の目薬を正しく選ぶポイント

視力回復

皆さんは市販の目薬はみな同じだと思っていませんか?

目薬ってそこそのお値段がするので安いやつで十分だと思っていませんか?

今日は、そんな市販の目薬の正しい選び方をご紹介します。

実は眼科医の先生は市販の目薬はすすめていなかったりして…。

 

目薬

眼科医の先生が市販の目薬をすすめないのにはもちろん理由があります。

その一番大きな理由が、殆どの目薬には防腐剤が入っているからです。

 

市販の目薬は長く使えるようにあえて防腐剤を配合しています。

しかし、この防腐剤が含まれる目薬を日常的に使うとその副作用で目が悪くなってしまう危険があるからです。

一般の目薬に使われている防腐剤は界面活性剤の一種なので、女性の方ならこれがいかに良くないかがお分かりになるかと思います。

 

それでは、どんな目薬を選ぶといいのでしょうか?

もちろん、防腐剤が入っていないものを選ぶのが前提ですが、目の具合によってもその種類を選ばなければいけません。

 

ここでは、どのメーカーのどの目薬がいいとは言えませんので、配合されている成分で紹介しますね。

 

ドライアイにいい成分

最近特に多くなってきている眼の症状がこのドライアイです。

パソコン画面の見過ぎやテレビでゲームを長くやっているとなってしまいます。

これには、角膜を潤す成分が必要で、購入するときには次の成分を気にしてくださいね。

と言っても、最近のドラッグストアーではきちんとドライアイ用とか書いてありますけど。

など

 

眼の炎症

目が充血している時にはこの成分が含まれているかチェックして下さい。

など

 

かすみ目

目がしょぼしょぼしてピントが合わない時などにはこの成分を確認。

など

 

目のかゆみ

目のかゆみは花粉症の場合もあるのですが、かゆみがあるときにはこの成分をチェック。

くれぐれも擦ったりしないように、角膜をきずつけたりしますので。

 

以上が主だった症状の時にチェックしておきたい成分です。

特に最近のお子さんはゲームのやり過ぎによる視力の低下が増えてきています。

このような時には以外とドライアイの目薬が効果があるかもしれませんよ。

 

ドライアイは、目の乾きを訴える方が多いのですが、実はその乾きを感じず、かゆみを訴える方も少なくありません。

パソコン画面をよく見ていたり、ゲームをよくしている子供さんには一度ドライアイの目薬をお試しあれ。

もちろん、防腐剤が入っていないものを選んでくださいね。

※防腐剤が入っていないと開封後の保存期間が短くなります。