読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の視力検査がC判定だったお母さんに

視力センターに行かなくても同じトレーニングが受けられる視力回復キットがあります

 

子供の視力低下はスマホ老眼が原因じゃないですか?

最近何かと話題になっている「スマホ老眼」、もしかするとお子さんの視力低下もそうかもしれません。

老眼と聞くとお年寄りがなるものだと思っていましたが、スマートフォンが普及しだしてから10代や20代の若者でも老眼と同じような症状が増えだしているんです。

では、スマホ老眼とはいったいどんなものなのか、改善策や予防策はあるのか、原因などを含めて説明していきましょう。

f:id:korokorohouse:20160809113245j:plain

スマホ老眼とその原因

スマートフォンが爆発的に普及し始めたのが2013年頃だと言われています。

それと同時に、若年者の老眼は2012年には0.5%だったのが2013年には6.7%と急激に増えているんです。

※眼鏡光学出版の調査より

 

スマホ老眼」とは、文字どおりスマートフォンの見過ぎによって起きる老眼の症状です。

老眼は加齢によって進んで、遠くはよく見えるが近くが見にくくなる症状です。

f:id:korokorohouse:20160809130022g:plain

人間の目は毛様体という筋肉がレンズの役割をする水晶体の厚みを調整してピントを合わせています。

遠くの方は特に毛様体筋を動かすことなく見ることができるのですが、近くは加齢とともにこのピント調整がうまくいかないため見えにくくなってしまいます。

それとは別に、スマートフォンの画面を手元で長時間注視していると毛様体筋が固まって上手く水晶体の厚みをコントロールできなくなります。

これが老眼と同じように、遠くは見えるが近くが見にくいため「スマホ老眼」と言われるようになりました。

スマホ老眼の場合、目のピント調整ができなくなるだけでなく、肩こりや頭痛、倦怠感などの症状が出やすくなります。

スマホ老眼の予防と改善

スマホ老眼は先程もあげたようにスマートフォンの見過ぎによって起きる症状です。

特に文字の小さな画面は長時間注視してしまい、寝ながらのスマホや最近では歩きスマホなどが取り沙汰されています。

当然ながら、このようなスマホ画面の見かたをしていると、毛様体筋が緊張して固まりやすくなります。

いわゆる、肩のコリのようなもので、肩ならば揉んだりしてそのコリをほぐすことができますが、目の場合はそうはいきません。

 

まず、長時間スマートフォンを利用しないことが一番ですが、なにぶん今の御時世ですから簡単にはその生活習慣から抜け出せれないでしょう。

そこで、スマホの画面の明るさを調整しておくと同時に、文字の大きさは見やすいサイズにしておくのが基本です。

スマホは小さくて便利なためついついお布団に持ち込んでの寝ながら操作が多いですが、暗い中での画面を見るのは最も眼に悪いので止めましょう。

さらに最近の液晶画面ではブルーライトの軽減対策も必要で、機種によってはブルーライト対応機能や対策アプリもあるので活用しておきましょう。

f:id:korokorohouse:20160809134127j:plain

出典:http://health-to-you.jp/presbyopia/30jakunen20799rougan/

もし、目が疲れてきたと感じたら目のトレーニングをおすすめします。

簡単な親指の爪を眼の前からゆっくりと遠ざけたり、近づけたりするのを1セット3回、毎日5分くらい行ってみましょう。

爪に「C」マークを書いて見える位置からするのも一つの方法です。

他にもスマホ老眼改善の目のストレッチなどがたくさんあります、上のイラストの出典先にも載っているので見て下さい。

また最近では、そのスマホ老眼を改善するためのアプリまであります。

う~ん、スマホの見過ぎが原因なのに、まだスマホを見てスマホ老眼を改善?

なんだか矛盾しているように思うのは自分だけでしょうか?